息子の転職について悩んでいます

今、悩んでいるのは息子の転職についてです。

息子はとある会社で正社員として新卒で入って今年3年目です。この会社は人間関係なども悪くなくて、そんなにブラックとかそういったことはないのですが、昇給がないのです。そして、ボーナスもありません。

息子は「上がり目がない」と、かなり失望しています。今は同世代と比べてまあまあのお給料ですが、これが30代、40代になっても増えないとなると、なかなか結婚もできません。年収税込みで300万円いくかどうかというところです。確かに、このままだと結婚は難しいかもしれません。また、出会いのない職場でもあります。
息子としては、もっと給料が良くて、ともかく昇給があって、結婚ができるようなところに転職をしたいということです。今の会社だと将来性がないので、希望が持てないとのことです。

確かに、会社は年齢層の高い非正規の社員が多く、若い人はあまり居着かないようです。年を取っても、他にどうしようもなければ、すでに資格も取ってあるので、この業界に戻ることはできるわけで、とりあえず最低限食べていくことはできるのだし、若いうちに可能性を試したい、という息子の主張はもっともだと思います。
息子にはやはり幸せに結婚してほしいし、そのために有利になるなら転職してもいいと思うのですが、そんなに転職がうまくいくのかどうか、それが心配でなりません。

今、いったん正社員から落ちると、なかなか正社員には戻りにくいと聞きますし、今よりも良い会社にうまく移れれば最高ですが、そうそううまくいくとも限らず、もし失敗したら、フリーターや非正規になってしまうのではないかととても心配なのです。

息子は、もし失敗しても資格があるから今の業界に戻れるから大丈夫、と言ってはいますが・・・。どこかいい転職先がないものか、私もいろいろと調べて情報収集しているところです。息子には幸せになってもらいたいのです。転職がうまくいくことを祈っています。

話は変わりますが、明後日心臓ドックっていうのに行ってこようと思います。

最近芸能人の方でも病気のことが言われていたりするので心臓病で亡くなった父のこともありますし、自分の健康も心配になり始めたので・・・

こういったところで心臓ドックを受けることができます。

心臓ドック

身体の内部のことって目に見えないから症状が出た時には手遅れになっていたりすることもあるから怖いですよね。

早期発見早期治療ができればという思いで少し検査とかしてみようと思います。

 

 

 

行きかった専門学校へ。

僕はずっと陸上競技をしていて、高校からの進学をどうするかで悩んでいました。本当は、スポーツマッサージ師になりたくて、でも家計的に県外へ出して、しかもお金のかかる専門学校に行きたかったのですが、両親に打ち明けることができなかったんです。

スポーツマッサージ師以外に特にしたいこともなりたいものもなかったのでそこにいけないのであれば近場の普通の大学に通うことにしていました。

進路相談の面談で初めて母親の前で将来の夢を言いました。正直母親は驚いていました。そこから帰って家族会議・・・・もしダメならいいよとは言いましたが、親は親で僕の夢のために少しでもって前向きに考えてくれはじめて。。。

最終、最低限の仕送りと、後は学校が休みの時にバイトをして遊びは我慢して勉強を頑張るっていうので両親からのOKが出たんです!!嬉しかったですね。

無事に合格をして専門学校に通うことになり、毎日毎日一生懸命勉強をしています。しかし、仕送りは本当に少し、教材なども自分でどうにか購入したい、迷惑は掛けたくないって思ってなるべく自分で払うようにしていました。

しかし、結構教材などって高くて、バイト代だけではおいつかなかったので学資ローンっていうのを利用していました。

教材も年に何回かしかないのでそれほどまでの借金にはならなかったので両親に負担をかけることはなく今現在まで来れています。

スポーツマッサージ師に必ずなって親孝行したいですね。

腰痛で悩む父

私の父は腰痛で悩んでいます。

私が小さい頃というか小学生の頃で、父親が40歳ぐらいの時に衝突事故を起こしました。父親は普通に運転していたのですが、後ろから車がぶつかってきたのです。いわばオカマを掘られたっていう状態でしょうね。

その時にはそんなにひどくはなかったのですが、その後にどんどん腰痛が酷くなってきたようでした。腰痛が酷くなって一度手術もしたのですが、それでも結局はよくならずに今まで来ているようなのです。

なので、今はかなり腰が痛そうですね。もう60歳も越えてしまいましたし、年齢という部分も大きいんでしょうけどね。

腰が調子悪いため、時々太ももあたりもジンジン麻痺した感じになってしまうようです。

こういうのがあるのでいろいろネットで調べていたんですが、腰痛にはストレッチもかなり良いようですね。→腰痛の治し方

まあ、年齢的にも無理なストレッチをすると余計に悪くなると思うので、ちょっとづつストレッチをしていくのがいいかなと思っています。ストレッチすると怪我もしにくくなるというのがいいですよね。

これからより年を取って足腰がより悪くなった時に、こけたときにでもストレッチをして柔らかくなっておけば、怪我も軽くて済む可能性が高いので、是非ちょっとづつストレッチはやってもらおうと思っています。

寝れないと悩む母親

近頃母親が寝れないということで悩んでいます。全く寝れないというわけではないんだけど、かなり寝つきも悪く、浅い眠りで朝はスッキリと起きられないらしいのです。疲れがたまったままみたいな感じのようですね。

母親は60を超えていますが、まだビジネスホテルの清掃のパートをしているので、疲れが取れないまま働きに行くのは大変だと思います。年齢的にもそんなに若い時のように動ける状態ではないでしょうからね。

どうにかしないといけないなと思い、インターネット検索でいろいろと情報を調べてみました。そんな時にこういう参考になるサイトを見つけたのです。→よく寝れる方法※寝れないときにすぐにぐっすり眠るために

このサイトによると、眠れないのはセロトニンという物質が足りてないという可能性が高いとのこと。なので、瀬戸ロト人を補うドリンクを飲めばぐっすり眠れる可能性が高いとのことでした。

早速、母親にこのサイトで紹介しているドリンクを購入したのですが、気に入っているようです。寝つきもよくなったし、ぐっすり朝まで眠れるようになったということで喜んでいます。結局原因はセロトニン不足だったってことですね。

元気が取り柄

私の取柄は何と言っても、いつも元気ってことです。なるべくいつも元気でいるようにしています。

そのほうが自分にもいいし、周りにもいいかなと思って。

もちろん、あまり元気じゃなくて落ち込んでいるときもありますが、人には見せないようにしていますね。

人に見せてもいいことないですから。

これからは、体の面でも元気な自分をより長持ちさせるようにメンテナンスを頑張っていきたいと思います。